資料詳細

概要

京都に女王と呼ばれた作家がいた
山村美紗とふたりの男
花房観音著
西日本出版社
2020/07
9784908443527

利用状況

詳細

和洋区分
和書
書名 京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男
著者名 花房観音著
分類記号1
910.268
著者記号 Ha
出版者 西日本出版社
出版年月日 2020/07
ページ 227p
サイズ 20cm
ISBN1 9784908443527
配架場所コード
001 書庫(一般)
注記 歴史と情念、ミステリアスな京都の横顔は、山村美紗の小説とドラマ化された作品からきていると言っても過言ではない。京都に住み、京都の女を描き続ける花房観音が、京都に住み、京都を描き続けた作家・山村美紗の生涯に迫る。 文献:p204〜211 山村美紗年表・著者リスト:p212〜227
件名 BSH:山村/美紗 NDLSH:山村, 美紗(1934-1996)
内容細目1 第一章 京都の作家
内容細目2 第二章 出生、結婚
内容細目3 第三章 江戸川乱歩賞
内容細目4 第四章 デビュー、ベストセラー作家へ
内容細目5 第五章 京都組
内容細目6 第六章 戦死、ふたりの男
内容細目1 第七章 京都に女王と呼ばれた作家がいた